全ては神の御心のままに2015年07月14日 06時42分19秒

★幸いにして再びこの地に戻りて

 この世に起こるすべてのことは、メッセージ、と歌ったのは若き荒井由実だったか。
 このところつくづくそう思う。常にこの世にはモノゴトが起こる前には「先ぶれ」のようなものがあり、その前兆や予感に敏感でなくてはならないはずが、動物を離れて「人」となった生き物はそのアンテナが鈍くなってしまった。
 そうしたメッセージどこ吹く風で、素知らぬ顔で驕り高ぶり過ちを繰り返し破滅への道を進んでいく。我もそうであった。

 父の頭の血を抜く手術は無事終わり、退院の目安も着いた。母などはこの暑さだから、家に帰るよりもっと病院に寝かせておいたほうが安心だと言っていたが、当人は早く家に戻ることを切望し、病院側もあまりにあれこれ騒ぎ立て目の離せない手のかかる患者は早く退院させたほうが良いと急ピッチで話は進んだ。
 ともかくほっとしている。むろん戻ってきても頭に穴を開け、まだその穴が塞がっていない九十歳の大男を世話するのは一苦労なのはわかっている。が、このまま退屈な病院に預けておくとさらにボケが進み、日常生活復帰もままならなくなる。後はいかに刺激を与えて圧迫された脳を元に戻せるかだ。
 それこそが家族の務め、子の務めだと覚悟している。そしてそれは辛いどころか嬉しく光栄に思う。

 若き友、岡大介からメールが届き、彼のライブ通知に付記して、頭を打ったのは大丈夫かと心配された。それでようやく、両国のそのコンサートの最中に頭を打った事実は確認できた。やはり夢ではなかったのだ。
 病院に行ったことを報告したメールを送ったら、すぐに「下手すると死んでしまいます。何もなく良かったです」と再メールが返り、有難いなあとただただ友情に感謝した。しかしそれはおそらくこのブログをここまでお読み下さった方々も同様なお気持ちであろう。それを思い今はただ涙が出るほど有難い。そう、何もなくて良かったのだ。

 自分には若いときから根源に自滅願望のようなものがあって、じっさいに自殺行為に及んだことはないが、ある限界点を過ぎると発作的に、衝動的にすべてを破壊、終結させてしまおうと自暴自棄となることがあった。頭に血が上ると言ってもいい。
 しかし、それは我の特性というより、人はときたまそうした「魔」に襲われ冷静さを欠きとり返しの付かないことをしでかすのではないか。

 先だってどこそかの子だくさんの自衛官が、妻と口論した挙句に衝動的に自宅に火を放ち、挙句我が子4人が焼死させた事件もそうした「魔」がさしたのだろう。おそらく今この父親は、悔恨の極みで心は地獄の業火に焼かれているに違いない。
 聖書には、イエスを売ったイスカリオテのユダを「そのとき彼の心に悪魔が入った」と記しているがまさにその通りであったと思う。彼もまた愛する師が刑死となると知るや嘆き悔いて自ら命を絶った。こうした魔に囚われた人たちの心中を思う。

 今までずっといつもどこかに忘れ物をしてきたような、不安と苛立つような気持ちが心の奥底にあった。常に焦りはやる気持ちがあった。が、今回の父のことをも含めた一件でそれがなくなっていることに気がつく。
 ともかく人は生きてここに在るだけでよいのだと。そして生きているのだって自分の意志で好き勝手、自由に生きているのではなく、天のはからいによって生かされているのだと。
 神の光を見たわけではないし天の声を聞いたわけではないが、そのことにはっきり確信を得た。

 生かされているのならばそこには意味があり、与えられた役もあろう。なすべき使命があるはずだ。それにようやく気づいた。気づかされた。もう一時の感情に囚われて心に魔を入れないし、何も怖れない。そして何も望まない。
 神はこんな愚かな身勝手で自暴自棄にあった男をも救い赦し生かしてくれた。ならばその恩に報いなくてはならない。そのことは我を取り巻く全てに対しても同様に。皆さまから受けた愛に報いるためにも過ちは繰り返さない。

 これから何をすべきか。それは正しく義のあることならば必ずうまくいく。畏れるものはあれどもう何も怖れやしない。もう何も迷わない。
 目をこらし耳をすまして天からのメッセージを素面で真摯に受け止めていく。そしてそれを語ろう。文字に綴ろう。

 何もできないこの非力な我が身だが、もしどこかに悩み苦しむ人がいれば、行って話をきくし、手を握り励まそう。そして共に祈る。そんなことで現実問題は解決しないかもしれない。しかし、それぐらいはできるし決して無意味ではないと信ずる。人は人のために生きなくてはならない。

 そして拙くとも自分の関わる音楽やうたで、愛の思いを他者に伝えたいと願う。多くの愛を頂いた。これからはその愛を皆さんにお返ししていく。

追記:慢性硬膜下血腫について2015年07月14日 10時26分41秒

★手遅れになる前に 後学のために

 今回父を襲った慢性硬膜下血腫という病気は、若い人もなくはないが特に老人に多い「病気」だという。
 どこかで、転んだりして頭を打って、じわじわと頭蓋骨の中で、出血が始まり、頭に血が溜まり続け慢性化して、大概は意識がなくなってから周囲が気がつき病院に担ぎ込まれる。そのときはたいてい手遅れとなることも多いのだそうだ。

 数週間前にどこかで、転んだかぶつけたかして頭を打っていたはずなのだが、当人も気づかず、そのときは痛かったはずだが忘れてしまい、周囲も老人は常にフラフラよたよたしていることもあり発見が遅れて大事に至るゆえ老人に多いとされるのであろう。
 若い人なら自らの異常にすぐ気がつくし、強く頭を打つような事態が起これば念のために病院に出向く。年寄りは緩慢さから事態がよく認識できていない。

 じっさいのところ、父は特に吐き気や頭痛などは訴えてなかった。ただ、このところ彼の言う「メマイ」がひどく、起きたときだけでなく常時それが続いていて苦しいとは言っていた。
 そして母と外出したとき、いつもにましてヨタヨタ歩きが、左足がまったく上がらず引きづって何とか歩くという有様で、さすがに妻は異常に気がつき先の水曜日の夕方すぐに緊急外来で病院に行ったのだ。たぶん、軽い脳梗塞でも起こしたのかと。

 病院に行ったものの、夜間当直の医師は問診程度では特に異常に気がつかず、念のためCTを撮ってくれという母の求めで、はじめて脳内に血がいっぱい溜まっていることがわかったのだ。
 画像を見る限り、通常なら白く鮮明に映る脳のひだひだ、胡桃の実のようなシワが、二つに割った脳の左側部分はまったく潰れて映っていない。このままほっておけば、その出血は右側の脳にも達して意識はなくなる。あと2~3日発見が遅れたら命の保証はできないと担当医から言われる状態だった。

 すぐにそのまま入院となり翌日午前からその溜まった血を抜き取る手術が行われた。
 脳外科の医師から説明されわかったことは、じっさいのところ脳そのものに血がかかり脳は血の中に沈んでいるのではなく、じわじわとしみだしてきていた血は、血腫となり袋状のものとなって肥大し脳を圧迫していたのだった。その血の袋が脳を圧迫してメマイなど不調を引き起こしていた。
 頭蓋骨に1cmほどの穴を開けて、その袋から溜まった血を抜き取る。そして生理食塩水で洗ってあとは、右側に押し付けられ圧迫されていた脳が自然に元の位置に戻るのをただ待つ。特に薬などは用いない。その穴はチタンで蓋をして自然治癒を待つ。その血の入っていた袋は手術が成功すればやがて自然に消えてなくなる。
 抜き取られた血の量は医師の話だと180ccだった。つまり牛乳瓶1本もの血が頭の中に溜まっていたのだ。これでは誰だっておかしくなろう。よくそれでその日まで日常生活が送れたものだと感心してしまう。
 
 若い人ならばすぐに脳は盛り返して元通りになるが父は歳も歳なので果たして元に戻るかは微妙なところであり、その隙間が残っているとまた出血が始まり再手術をしないとならない。その可能性は少なくないとも言われた。

 手術自体は一時間もかからなかったと思う。全身麻酔ではなく部分麻酔で、父はベッドに横になったまま頭からチューブをつけ手術室から出てきた。頭の横にはそれに繋がって、生理食塩水が逆流しているのか、ピンク色の水が少し溜まったビニール袋があった。意識も一応はあった。
 ただその日は絶対安静で、チューブが抜けるまで点滴とオムツでベッドに腕まで括り付けられていた。

 幸いにして術後は良く、脳もすぐに血腫で満たされていた空間部分側に盛り返してきているとのことだったが、まだ翌日は一日、事態がよく呑み込めていないばかりでなく、せん妄が出てわけのわからないことを繰り返し口走り、このままボケが一気に進むのではと深く案じさせられた。

 現在は、まだときどきトンチンカンなことは口にしてはいるが、病院に行った日と手術当日以外は、ほぼ以前の記憶も戻り、たぶん再発はしないのではと家族としては期待している。いずれにせよ木曜に再検査して退院となる予定であった。父曰く、あれからメマイはなくなった。気分は悪くないと。
 
 自らも頭を打って意識失くしたこの自分に何も言う資格はないけれど、人間の体、中でも脳とは実に不思議だとつくづく思う。どういう仕組なのかたぶん医者でもまだよくわからない。

 が、やはり何かしらの異常を感じてその前兆、前触れの様なものが少しでもあるのならのんびり後回しにせずにすぐさま医者にかかることをお勧めしたい。特に脳は、CTやMRIで画像撮ればすぐに異常は発見される。
 父の一件も含めて、発見があと数日遅れたら果たして命あったか定かではない。今回は母の気づきがなければ、事態はさらに深刻となっていた。薄情な息子は大したことないと確信していたのだから。

 本当にほんとうに、皆さまもご自愛ください。私もうっかり命を落とさぬよう悔い改め生きていくつもりです。

 今、安保法制でこの国は、大変なときを迎えているが、人は誰も殺さず誰にも殺されず、与えられた命を全うする義務と権利があるのだと今さらながら声を大にして叫びたい。
 そしてそれこそが人が人として生きていくことなのだと。日本国憲法はそうはっきりと記している。