画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・⑥2019年05月13日 23時39分03秒

★弱つよむ 二回目のステージは、女性陣と初「共謀」す

 この人は本当に実力者だと常にいつも感嘆させられる。「お笑い」系のうたとは、プロアマ問わず、まずそもそもきちんとしたテクニックがないことには誰でもできるものではない。
 しっかりした実力がまずあってこそ、バカバカしいことがきちんとカタチにでき、そこで笑いが生まれる。生半可な力や才能ではとてもできることではない。
 そんなテクニシャン、実力派の人が何故かナンセンスとか言いようがない不思議なうた、バカバカしいうたを次々と歌いまくるのである。最初、藤しんいちろうがコタンで演ったとき、彼も観て、目が点になりそしてすごく気に入った。こんなバカバカしいこと、考えてもしょうがないことを大真面目で歌にして唄っている人がいる。素晴らしいではないか。今風の言葉でいえば、我のツボにはまったということだ。そしてその歌もじつにメロディアスで自然に耳になじむ。
 
何でこんな素晴らしい異能の方が、あまり相応しいとは思えない場(失礼‼)コタンに出てるのか訝しく思い、ぜひもっと多くの方々に知ってもらえたらと考えて、先に「共謀」番外編を企画し、「笑えるうた」のときお招きした。そして期待通りの大爆笑のステージとなった。
 何がすごいって丁丁発止やりとりで、常にどんな悪条件でもきっちり対応して場を〆てくれることだ。期待を外さない。この方は真のプロである。ぜひまたこれからも「共謀」したいとこちらから頭下げる思いでいる。ぜひまたかけこみ界隈で弱つよむのオンステージ企画したいと願っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://masdart.asablo.jp/blog/2019/05/13/9072196/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。