鶏の丸焼き20192019年12月22日 22時45分36秒

★今年は失敗しました。

 というのは、あまりに慌ただしく時間がなくて、薪ストーブに火をつけることが出来なかったからだ。
 オーブンタイプの薪ストーブなので、薪をくべてからかなり何時間も燃焼させてストーブ本体が猛烈に熱くならないと焼けない。
 今年は、二階の場所づくりだけで大わらわで、階下の台所の片付けとストーブのほうまで気も手も回らなかった。もっと傍ら早くから薪をくべてストーブを稼働させなくてはならなかったのだ。

 薪ストーブが使えるように、調理お手伝いの三留さんは台所を片付けてくれたけれど、鶏が焼けるほどの時間がなくて、ストーブで焼くのは断念して電気オーブンレンジで初めて焼いてみた。
 いちおう、ざっと火は通り、鶏自体は焼けたことは焼けた。が、やはり芯のところの詰め物まで完全に熱も通らず、だいいちストーブで焼くようにじっくり鶏のエキスが中身に浸み込まなかった。ご覧のとおり焦げ目もつかないし。
 これは失敗である。

 若い時から失敗続きの我が人生だが、これまでできていたこと、やっともう失敗なく一定の出来で、できると思っていたことまでもこのところ様々なプレッシャーに潰されて失敗ばかりしている。まったく自分でも情けなく呆れてしまう。「うた」もそうだが、出来ると思っていたことが肝心な時に必ずできない。失敗ばかりしてしまう。
 が、これもまた歳をとるということなのか。我が父を見ていると、若い頃はあれほど何でも器用に修理からモノ作りまで、創意工夫の達人だった人が、今では自らスエットや靴の紐すら結べなくなるほど「衰え」てしまった。
 我もまた人の末路の道筋に早くも入って来たのであろうか。ここで踏ん張らないとさらに悪化していく。そう、来年こそ我が失態、失敗を少しでも減らしていきたい。
 あるいは「失敗」にもくよくよしない強い心の養成、平常心であろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://masdart.asablo.jp/blog/2019/12/22/9193133/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。