ロシアも悪いが、ウクライナにも非がある、という論に2022年03月29日 00時09分56秒

★いちばん肝心なことは、今起きている戦争を一日でも早く停戦に導くことではないのか

 火中の栗を拾う、という言葉がある。このところずっとそうした思いにとらわれている。
 自分のやっていること、やろうとしていることは正しいのか。結果として面倒なことやまたまたトラブルを招き、後々やるべきことではなかったと後悔するのではないか。
 百家争鳴という言葉にも思い至る。いま、ウクライナで起きていることに対して様々な情報が錯綜し、様々な人がいろいろんな意見や考えを述べて、今は、誰もがそれを発信できる時代だから、情報が溢れていったい何が真実でほんとうのことなのか見えなくなってしまっている。
 アメリカも含む西欧陣営、つまりウクライナを支援するEU諸国と、ロシアとそれを支持する側が、組織・個人も交えて様々な情報や声明を出すので何がプロパガンダで、本当のことなのか、「戦争の真実」がわからない。
 
 先にあげた4/3日のチラシも自分としてはかなり苦労して作成した。あれでも言葉を選んだつもりだ。
 が、人に示すと、あからさまに批判されたり、ときには受け取りを拒否されることすらあって、困惑すると同時にこちらに非があるのか、と自問した。
 「ウクライナ支援」という言葉は使うな、その国家の名前を削れ、とも言われたし、ロシアも悪いが、ウクライナにも非があるとさんざんあちこちで言われた。プーチンが狂人ならば、ゼレンスキーは悪人だとも。

 また、ウクライナにはネオナチが実際にいて、ウクライナも親ロシア系住民を虐殺したという情報も「事実」として、このところあちこちから入ってくる。
 特に、昔ながらの左翼の人たちこそ、日本も含めてロシア断罪、ウクライナ支援という世界的流れに対して、あまりにもアメリカ寄りで一方的だと不信感と不快感を抱く方々が多く、この戦争に対しては、距離を置こうとしているような気がしている。これは一過性のブームだ、お前はメディアに踊らされているとも言われた。
 また、戦争状態、虐殺されているのは、ウクライナの住民だけではない。家を追われたり弾圧され虐殺されているのは、パレスチナやロヒンギャ、中国ウイグル自治区の住民など世界中あちこちにいくらでもいるのが「現実」ではないのかと。
 なんで、ウクライナ、ウクライナとその国ばかり騒ぎ立てるのか。

 こうしたご意見、ご批判を多々受けている最中の「ウクライナ支援と連帯のコンサート」は、その告知、宣伝すら難しいと嘆息していた。ならば開催すら?
 だからここに今書いたようなこともコンサートの前に本来書くべきことではなく、今はただじっと口をつぐんで、面倒な事態にこれ以上流れないよう当日を終えるまではおとなしくすべきかと迷い悩んでいた。

 が、あえて書いておくことはやはりあろう。様々な情報がすべて真実であったとして、戦争当事者国のどちらにも非があるとしても、この戦争で今も日々死んでいく人たちが続出していて、それは兵士のみならず、民間人、つまり子供や女性、老人、病人たち、一般市民だという「事実」である。報道ニュースから流れる映像すべてが、でっちあげのフェイクニュースであるとは我は思えないし、地下壕で砲撃の音に脅え泣き叫ぶ子や、爆撃された病院で傷ついた子に泣きすがる母親の姿は、やはり戦争の現実、事実であろう。
 他国に避難しようにもそのルートもなく、砲撃が飛び交う中、シェルターの中で水も食料も医薬品もなく飢えに苦しむ人たちが多数いることも想像に難くない。

 ならばこそ、様々な情報があふれて何が真実、事実かわからないとしても、ともかくこれ以上の死者、負傷者、追われ逃げ惑う人たちが出ないよう、戦争反対、即時停戦を!の一点のみまず求め訴えて、我々、世界中の市民は行動すべきではないのか。
 ロシアとウクライナのどちらが正しく非があるかは今は問わない。そうした論争に与して口角泡とばすよりも、一日でも早い戦争の終結を祈るような気持ちで願うことが肝心だと我は考える。
 確かに、今もウクライナ以外でも世界各地で紛争や虐待は続き、その地にも苦しむ人たちはいっぱいいる。そちらへの支援と関心を向けることも絶対必要なのは間違いない。
 が、どちらが優先されるべきだとかそういう話ではなく、あらゆる「戦争」で苦しむ人たちがいる、それが続いているからこそ、まず一つ一つ、戦争という罪悪を終わらせていくこと、そして核兵器や生物化学兵器も含めて、あらゆる武器をなくしていくことを求め訴えていくことから始めるしかないのではないか。

 ウクライナで今起きている戦争で、多くの人たちが戦争の本質、その素顔にやって気がついた。国家や領土を守るためと言うが、戦争とは破壊と殺し合いそのものであり、傷つき死んでいくのは、兵士だけでなく我々と同じ一般市民だということに。
 確かに、EUなど西側諸国は無責任にもロシアとの代理戦争を、ウクライナに一切任せて、自らは参戦せず武器や金を与え軍事支援を続けている。が、ウクライナ頑張れ!!ロシアに負けるな!と立場からでは、この戦争はいつまでも続いていく。どちらも負けられないから弾薬と兵士が尽きるまで戦闘は続く。
 戦争というのは、始めるのはカンタンだが、終わらせるのはとてつもなくタイヘンなものなのだから。

 ならばこそ、国際世論として、我々一人ひとりが、どのような立場、異なる意見や考えがあろうとも、「戦争反対!!」「即時停戦」の一点のみで、連帯してその声を上げていくべきではなかろうか。
 喧嘩両成敗とか、どちらも悪いとか、報道が偏ってるとか言って、この戦争には様子見を決め込んでいる人たちに言いたい。
 このまま戦争が続けば、さらに世界経済は疲弊するだけでなく、追い詰められたロシアはまず化学兵器、生物兵器を使用し、それで戦局打開できなければ、次は小型核爆弾を使用するだろう。
 そしてそれに呼応して、世界は全面的核戦争へと突入する。そのとき必要なのは、日本も核兵器を保持しておくことであろうか。核兵器を共有しておけば国家は守れるのか。否!
 逆に、核兵器で被爆した唯一の国だからこそ、核兵器は絶対に使うな、と核廃絶を強く訴えることができ、実際に核兵器禁止条約に批准してそのリーダーとして核保有国に働きかけていくべきであるはずだ。
 世界の破滅、地球規模の危機は今すぐそこまで来ている。そのことに思い至れ!!

 イエスは、弟子ユダの裏切りにより、捕縛されるとき、追手のひとりの耳を切り落としたペテロにこう言った。
「剣(つるぎ)を鞘に収めよ、剣を取る者は、皆、剣で滅びる」と。
 この二千年も前の言葉こそ、キリスト者のみならず今もこの世界を照らし大きな意味を持つと我は信ずる。プーチンの聖書にも同様に記されているばずなのだ。

 あらゆる武器を楽器に、と言ったシンガー出の議員がいたけれど、我々には楽器という武器がある。その武器はファシストを打ち倒すだけでなく、それを手にして「うた」で音楽で世界を変えていくと信じている。我は揺らがない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://masdart.asablo.jp/blog/2022/03/30/9477179/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。