「共謀コンサート」本日開催!! 午後4時半開場開演~9時まで2021年10月10日 08時40分21秒

★今回を入れて、残すはあと2回!どうか無事に終わりますように。

 「緊急事態宣言」も先月末に解除されて、街にはようやく元の日常、賑わいが戻ってきたようだが、10月も半ばになろうとしているのに妙に暑い日が続く。
 ひどく暑いか、ひどく寒いか、眠られぬ長い夜が続く、とは昔よく聴いた友部正人のうたの一節だが、まさに今の我はそんな感じで、汗が止まらなかったり、強い寒気に震えたり身体はどうかしそうだ。
 実は、先の7月の「共謀コンサート」以後、この夏から秋にかけて、我にはあまりにたくさんのトラブルのような事態が続いて、その対応に追われ続けて精神的にも参ってしまい、今も体調は最悪だ。
 長年使い慣れたパソコンがクラッシュしたことや、新たに手がかかるケガした子猫が現れ、その介護とその猫の逃亡と探索、そして無事帰宅後も再度失踪の恐れに気持ちは囚われてどうにも心は落ち着かない。
 我にはもともと、両親譲りの不安神経症的傾向が色濃くあり、さらにそこに持病の寒暖差アレルギーとあまりにも多くの出来事を抱えてその対応に日夜追われることから自律神経失調症も起こしてしまった。
 先のうたは、確か、「残ったものは空の酒瓶、そして一生かかっても返せない借金の山」と続いたと記憶するが、まさにそんなで気分そのもので、アルコールにひたすら救いを求めて何とか焦り苛立つ気分を酒で紛らわし麻痺させようと吞み続けていた。

 しかし、一か月も動物入院して手術終えてやっと自宅へ退院、帰宅してきた猫が「脱走」して、外に出てしまい行方不明になってからは、願掛けて一切酒は口にしないでひたすら自分で戻ってくることを願い神に祈っていた。
 幸いにして、先月末にようやく猫ドアから帰ってきたところを確保することができ、今はまた元のケージに入れてあるのだが、いつまたそこから逃げ出すのではないかという不安に襲われて外出もままならない。
 もともと半野良猫のような猫で、ウチで産まれたはずだが、ニンゲンには全く慣れていない猫だから、今度逃げてしまったら懲りてたぶんもう二度と帰ってはこない。
 しかし、そうなると体内に入っている金属のピンや感染症が再発して死亡することも予測される。ともかく再手術をし終えてその足のケガが完全に癒えない限り、絶対に外に出してはならないとは医師の指示だ。
 が、本人は狭いケージから出たくて日々何とか脱出することを考えてケージを壊さん勢いで鳴き騒いでいる。いまは、仕方なく我が家を長く開けるときは、外につながる猫ドア自体閉鎖して、たとえケージを壊して出たとしても室内だけに停まるよう、対処することしかできない。※外との出入りしている猫たちは締め出され、ウチに入ることができないのだからいい迷惑だが仕方ない。
 実は、猫たちが増えすぎて他にもたくさんの大人猫や子猫もまだ抱えていて、その猫たちの部屋の木戸も古く脆弱なものだから、いつ壊して皆で外に逃げすか不安でならない。
 この12日に、子猫三匹は、青梅の奇特家に引き渡しが決まっているので、ともかくそれまでは確保して、他の猫ともども逃げ出すことは絶対に起こしてはならない。

 そんな状況の中で、日々十数匹の猫たちの世話を、トイレの交換から餌やリまでして様々な不安や心配事、答えの出ない悩みに囚われながら何とか、ライフワークともいえるコンサート企画、その本番当日を迎えられた。
 昨夜、深夜までかかって慣れない新たなパソコンと新たなプリンターで、本日配布するパンフの印刷を何とか終えられた。
 あとは忘れ物などないよう万全、細心の注意してシャワーでも浴びて身体を清潔にしてから午後には車で家をでる。
 残す猫たちのことが心配だが、今日を終えられたらまた次の手を打つことに取り掛かれる。
 そう、この連続企画コンサートも残すはあと一回にしてもらった。
 次回は、年末12月19日。これをし終えて来年は父を看取って、我の人生はいったん区切りを迎えたい。
 ともかくまずは、今日を無事に滞りなく終わらせてからだ。

共謀コンサート、10月10日(日)開催いたします!!2021年10月03日 22時27分26秒

★今さらですが、チラシやっと完成しましたので。

 稀代の悪法「共謀罪」が2017年に成立後、その年の8月より谷保かけこみ亭で不定期に連続開催してきた『護憲と反戦平和のための「共謀」コンサート』は、回を重ねて4年間、まもなく30回になろうとしております。
 昨年の春からは全国的に感染拡大したコロナウィルス感染防止のため、お店自体の休業、時短、客席数削減などの都、政府からの要請を受けてコンサート自体の中止、もしくは無観客・生配信などを余儀なくされてきました。
 今回は、やっと緊急事態宣言」解除後の通常開催に戻ります。ぜひぜひ多くの観客・参加共謀者をお待ちしております。
 コロナは今は終息傾向にあるようですが、コロナ禍で断ち切られてしまった人々の繋がりを再び音楽で繋ぐべく、いま一番熱くアグレッシブな二つのバンドをメインにお迎えして、この苦難の状況下だからこそ「うたの力」を再確認したいと思います。安倍~菅政権が終わろうとも自公政権の現実は何一つ変わりません。

★2021年10月10日(日) 出演/五十嵐正史とソウルブラザーズ バラッドショット 館野公一 太田三造 槙篤 高橋よしあき 森人 三密クラスターズ 他 司会進行役 マスダ

★4時半開場・開演・前説 午後5時本編スタート~午後9時終演・閉店

★参加費:投げ銭制 ※ワクチン接種証明・感染履歴などなくてもどなたでも入場可です。
 ただし、客席数に制限があるため事前予約者優先の入場となります。満席の場合は入場制限もあるかも…
★投げ銭+ワンドリンクorワンフードのご注文お願いします。※ご予約問い合わせ/マスダ:090-8175-8479 かけこみ亭:042-574-3602 ※谷保駅下車3分です。
 皆様のご参加ご来場を心からお待ちしております。皆でコロナと「共謀」いたしませう!

10月10日、「共謀コンサート」開催確定!!!2021年09月11日 21時48分23秒

★ハード・フォークの雄、バラッドショットと五十嵐正史とソウルブラザーズの激突・共謀!!

 このコロナ禍中、いろいろありましたが、そして今もいろいろまだはっきりしないこともありますが、谷保かけこみ亭での連続企画「季刊・共謀コンサート」、秋の回は、当初の予定通り、来る10月10日の日曜日に開催決行いたします。
 出演は、今話題のスーパーハードフォークトリオ、バラッドショットが再登場。迎え打つのは、かけこみ亭おなじみの熱烈バンド・五十嵐正史とソウルブラザーズの面々。
 今最も熱い両バンドが、コロナ退散の思いで駆け込み亭で初激突いたします。
 開始時間など詳しいことは、また後ほどお知らせしますが、ぜひぜひこの両巨頭の対決ライブをぜひぜひお見逃しなく。
 ※パソコンが壊れたため、先の回で、配布したチラシをアップいたしました。

「反五輪」で「共謀」コンサートは、7月18日、予定通りに開催!2021年07月15日 07時28分54秒

★またまたまたの「緊急事態宣言」下ですが・・・

★7 月18日(日)「季刊・共謀コンサート」@谷保かけこみ亭【要事前連絡】
 出演/らんぷりんまっく 奥主榮 館野公一 槇篤 三密クラスターズ(太田三造・マスダ他) 森人(もりんど) ぼけまる 他???
※企画・司会進行役 マスダ
 開場・開演5:00pm~、午後9時終了 
https://www.facebook.com/Kakekomitei/
問合せ・予約&司会進行役/マスダ昭哲 090-8175-8479  
かけこみ亭 042-574-3602

 ※今回もお店は休業中での「無観客」での開催となります。が、生配信の予定ですので、配信に立ち会いたい方、冷やかし来場などは可能です。事前に来場の連絡をお願いします。


 要請という名の「強制」、さらに従わない店へ「恫喝」しても、日常化した「緊急事態」に人出は減らず、またしても第5波襲来、感染者数は昨日また早くも千人越えとなった。
 ほぼ無観客であろうが、この感染爆発状況の最中に開催強行される東京五輪に、反対や延期を望んでいた人も、ともかくやるなら仕方ないな、テレビで日本人選手の活躍を楽しみに見よう等とお考えであろう。
 が、一度決まってしまった事、お上が決めたことには逆らえぬ、抗ってもムダだと、長いものには巻かれてしまう、従順な「日本人気質」に対して、開幕直前の今こそ、、やっぱり嫌なものはイヤだ!と、なし崩し的に開催されていく「今」だからこそ、このコロナ禍での開催は反対だと抗議の声は上げ続けるべきだと考える。

 五輪に限らず、どんな問題事案が起きても、口先では「丁寧な説明をしていく」と言いつつ、一切きちんと何も説明責任を果たさぬまま思いどおりに政治を進めてきた、現在に至る自公政治、安倍~菅政権は、国民の側に無力感と諦念をもたらした。
 圧倒的な数の力を前にした長期政権は、何もかも自分たちが望むことは思い通りにできる、弱小野党や「反日」的思想の異論者など怖るるに足らずと、増長、傲慢を極めてきた。何度選挙しても政権与党の勝利は揺るがないと。

 が、その流れは少しづつだが、このコロナ禍で変わってきている。先の都議選や国政の補選の結果をみよ。何度でも何度でも繰り返される感染拡大の波と「緊急事態宣言」、コロナはどこまで続くのか、いったいいつまで国民にガマンを強いるのか。この一年半、この政権はいったい何をやって来たのか。
 この一年半の政府の感染対策が適切であったと考える者はほとんどいないことを政権の御用新聞・讀賣までが、菅内閣の支持率低下を示し大きく報じている。

 だからこそ、諦めずに声を上げていくことが肝要だと我は思う。いくら抗議してもダメだ、彼らは聞く耳を持たないと無力感と諦めに誰もが苛まれる。しかし、無法な強権政治をそのまま「容認」してしまうことこそが、彼らを結果的に「支持」していくことに繋がるわけで、我々はあくまでもダメなものはダメ、おかしいことはおかしいとこれからもずっと声を上げ続けなくてはならない。「沈黙」は容認どころか「加担」なのである。
 選挙に行かず、「棄権」してしまうことも。※結果として組織力のある自公候補が低投票率だからこそ当選して自公政権は続いていく。

 たとえ五輪が無事終わって一定の感動をもたらしてくれたとしても、それで「終わりよければ全て良し」、としてはならない。日本人は過ぎたことはすぐに水に流して忘れてしまう。
 開催中も、終わっても、あくまでも反対だと抗議の声を上げ続けた人たちがいたという「事実」こそが、「歴史の真実」として後世に語り記されていくべきことであろう。
 どれほど非力で少数であろうとも声を上げ続ける人がいる。歴史はそうした人たちの「声」に少しづつ後押しされて前へと進んでいく。

反五輪で「共謀コンサート」7月18日開催!!2021年06月27日 18時59分29秒

★オープンマイクですのでどなたでも自由参加できます。

 観覧も含めて参加ご希望の方は、まずは私マスダか、かけこみ亭に連絡ください。当日いきなりのご来場は座席、枠がいっぱいの可能性があります。
 現在は若干まだ時間も席にも余裕があります。どうか皆さんお越しください。※「共謀コンサート」は年内で終了の予定です。あと、この回を含めて3回の開催を予定してます。

★★なお、出演者枠はいっぱいとなりましたので、締め切りました。「観客」としてのご参加はまだ余裕ありますので、ぜひお気軽にお越しください‼

共謀コンサート、次回は、7月18日、『反・五輪で共謀』オープンマイク2021年05月13日 22時40分47秒

★どなたでも参加・共謀できます~東京オリンピック中止を求めて

 先だっての5/9日の、さこ大介御大を迎えての共謀コンサートは無事に無観客ながらも盛況のうちに終わりました。
 改めてご来場の方々、ご支援・ご協力の方々に熱く御礼申し上げます。

 で、次回の「季刊・共謀コンサート」は、このコロナ禍でも安倍自公政権とIOCらに無理強行される、今夏の東京オリンピックに異議申し立てとして誰でも参加できるよう、いつもとは趣を変えて、全てオープンマイク形式で開催いたします。
 7月18日の日曜日です。
 近づく東京五輪に対して開催反対のみならず開催希望や延期も含め、様々なご意見、お考えをお持ちの方は、どなたでもうたや演奏に限らずご参加可能として企画・開催する予定です。
 むろん、五輪が中止となった場合は、菅政権に対して糾弾・打倒等、ご意見の場として開催したいと思います。

 基本的に、誰でも自由にご参加できます。ただし一人の持ち時間は、20分~30分弱としますので、出られる方の定数も設けますので、参加希望者はお早めにかけこみ亭、もしくは私マスダまで連絡・申し込み願います。

さこ大介という希代のシンガーソングライターと同時代に生きている幸福2021年05月08日 10時07分55秒

★いよいよ明日5/9日、「共謀コンサート」!!

 J・ポップも含めて、日本のフォーク、ロックの音楽シーンを振り返ったとき、そこには何人かの天才的作詞作曲の才のあるシンガーが存在する。
 吉田たくろう、井上陽水、松任谷(荒井)由実、サザンオールスターズの桑田佳祐らがすぐに思い浮かぶが、彼らはその大衆的人気と共にヒット曲としての「名曲」を数々残している。※桑田の場合は、筒美京平的パクリの才だと我は思うが、さておき。
 自らが詞も曲も手掛け、そして自らが唄う。それを、シンガーソングライターと言う。つまるところソングライティングの才に秀でたシンガー、歌い手のことである。

 誰が言ったか、ビートルズやエルトン・ジョン、ポール・サイモンらを例に挙げるまでもなく、真に優れたシンガー、ミュージシャンとはまた優れたソングライターであるというのは至言だと我もまた思う。

 我は、上記の日本のシンガーソングライターを高く評価はするに異論はないが、そうした広く大衆的人気を除外して、純粋に真に優れた、天才的シンガーソングライターは誰かと考えたとき、まず筆頭に浮かぶのは、亡き西岡恭蔵、象さんのことで本当に彼は素晴らしい楽曲、名曲を数多く残した。
 先年、下北沢のラ・カーニャで、縁のミュージシャン、シンガーが集いて、彼の楽曲を唄う追悼的コンサートを観覧できたのだが、最初から最後まで、彼自身のうただけでフィナーレのアンコールも含め、ライブが「成立」することに驚かされた。
 それだけ素晴らしいうたを数多く残したということであり、まさに彼のソングライターの才を改めて確認させられた。
 だが、残念ながら彼はもうこの世にはいない。

 で、現存するシンガーで、そうした天才的シンガーソングライターは、誰かと考えたとき、我は迷うことなく「さこ大介」の名を挙げることに迷いはない。
 象さんもだが、優れたソングライターはまずその楽曲が他のミュージシャンに注目され、そのアーチストに唄われていく。
 象さんの葬儀の際だかに、矢沢永吉が現れ、分厚い札束の「香典」を遺族に手渡したと言う「伝説」を聞いたが、たとえ作者当人が世俗的人気や知名度はなくとも、ワカル人にはその才能、楽曲の素晴らしさはワカルわけで、恭蔵さんも矢沢他、多くのシンガーに彼の書いた楽曲は今も唄い継がれている。

 さこ大介、以下、畏れ多くも呼び捨てにはできないので、さこさん、と呼ぶが、彼も「還暦デビュー」として話題になったが、そもそも若い頃からアマチュアながらも素晴らしい楽曲を渋い喉でうたう凄い人がいる!! と関西の音楽シーンで話題になり、憂歌団が彼のつくったうたをレコードに入れたりと、一部で早くからその才は高く評価されていた。
 彼は、その正式デビューまでは、カタギの会社員としてスポーツ紙に勤めながら傍ら趣味としてその音楽にいそしみ、数々の名曲を生みだし機会をとらえては唄ってきた。
 あくまでもアマチュアとしての活動であったが、ワカル人は当然その才に括目して多くのシンガーにその名は早くから知られていた。

 定年後、ようやく本業のミュージシャンとして、本格的活動開始。CDも製作、販売、ジャズプレイヤー中心のバックバンド、大介バンドを率い精力的、全国的に活動し、大阪の春一番にも何回も登場し、その骨太のステージは伝説となっている。
 で、そんな彼と我は、いったいいつどこで知り合い、懇意な関係になったのか、それが何故か思い出せない。
 拙宅「無頼庵」での年末恒例イベント、「クリスマス謝恩ライブパーティ」にもみほこんと共に何回も来て頂いているのに、不思議でならない。

 さて、そんな彼ももはや七十代半ばかと思う。ブルースマンの定番、タバコと酒の不摂生と酔っぱらって何度も転んであちこち骨折して身体はボロボロ、ガタガタであるようだ。
 正直、どこそこのシンガーソング・ブック(翻訳)ライター、五郎氏のようにいつまでも若々しくお元気に全国を唄いまくっている方とは異なり、「渡度」が高い。※「渡度」とは外見老人度のこと。
 いつまでもお元気に唄い続けてほしいと心から願い望むが、先のことは誰にもわからない。
 むろん彼の遺していく素晴らしい楽曲はこれからも世に残り、多くのシンガーたちに愛唱されていくことは間違いない。
 だが、彼の人柄と高田渡に通ずる「語り」は、生で、その場でないと触れ合うことはできやしない。

 今回もこのコロナ禍の緊急事態宣言下、この企画は延期、もしくは中止すべきかずいぶん迷いもした。
 が、感染拡大状況も含めて、先のことはわからないからこそ、たとえ無観客でも彼のライブは開催できるうちに開催すべきだと思い決行することにした。
 希代のシンガーソングライター、さこ大介さんを観る機会はあとどのくらい我らにあるのだろうか。
 今、同じ時代を彼と共に生きている喜びをぜひ味わってもらいたい。真に天才とはこういう人なんだと。

5月7日の「共謀コンサート」は予定通り開催いたします。2021年04月27日 23時47分52秒

さこ大介、甲府桜座のステージ
★東京五輪に倣って、どのような状況下でも万全のコロナ感染防止対策をもって「開催」します~ただし「原則無観客」として。

 菅政権や小池都知事たちは、どれほどコロナウィルス新規感染者が増加の一途となろうと、東京五輪だけは何としても開催するとの強い決意は変わらないようだ。その熱い思いで、もっと国民の福祉向上、全国民の所得アップ、貧困やあらゆる差別からの脱却をと願うが、それはさておき。
 ならば、我も彼らの五輪開催にかける熱意に敬意を表して、このタイヘンな状況でも何が何でも「共謀コンサート」は開催していくことにした。

 ただし、会場であるかけこみ亭は、「緊急事態宣言」の要請をうけ、アルコール類も出す店として臨時休業中とのことで、イベントも「原則無観客」で、ということだから、その上で5月9日は、先のお知らせしたメンバーで変更なく「開催」します。※生配信は、検討中。

 当日は、「観客」は無しとしますが、個人でライブの傍聴、立ち合いはかまいませんので、各自感染防止対策の上で来られる方は、私マスダ、もしくは店側にご連絡ください。
 開始時間なども無観客ですので早めることはなく、先の告知通りに午後5時半から開演いたします。

 希代のシンガーソングライター、さこ大介のかけこみ亭ステージはこれが最期となるかもしれません。お見逃しなく。

 詳しいことなどは、マスダ ℡ 090-8175-8479  かけこみ亭 042-574-3602 まで。

季刊・共謀コンサート、5月 9日(日)開催!!2021年04月17日 08時50分19秒

★変異コロナ禍中でも、さこ大介御大を招いて開催いたします。

再開‼「共謀コンサート」いよいよ明日開催!まだ残席あります!!!2021年02月27日 20時58分29秒

★明日午後4時半から~どなたでもお気軽にご参加ください。

 谷保駅前のかけこみ亭での不定期ながら2017年より続けてきた『護憲と反戦平和のための「共謀」コンサート』、今年は、昨年度のように毎月ではなく、季刊開催として、いよいよ明日その新装第一回目が開催される。
 もしかしたら、「緊急事態宣言」も解除されているかとも考えていたが、やはり♩コロナは続くよ、どこまでよ~と自分がつくった替え歌の如く、おいそれとは収束はまだ先のようだ。

 が、それでもお店の終業時短と開催時間を早めて、新型ウィルスに対して万全の感染防止対策をとったうえで、予定通りにコンサートを決行します
 客席も減らしてのことなので、大々的に宣伝もできないけれど、これまでに増して今回は熱くアグレッシブな歌い手を集めたので、ぜひ席数削減での満席いっぱいのお客が来てほしいと願う。

 実は先週、相模大野のライブハウスの、オープンマイクのイベントに友人に誘われて参加して来た。
 会場のお店は居心地も良く、出られた方々もアマチュアからかなり老練な名のある方もいたりバラエティに富んでいてなかなか楽しめた。
 何より会場の雰囲気が気取らずフレンドリーで、進行役のシンガーの人柄もあって、これなら人は集まるなあ、と大いに勉強になり感心した。
 しかし、あえて記せば、そこで唄われたうたの多くは、かつてヒットしたフォークソングのコピーであったりして、私的にはあまりピンと来なかった。
 むろん、アマチュアにとって日頃練習して歌い込んできた曲を人前で発表できる場があることは有難いし、そうした外に向けて唄う行為は絶対的に正しく必要なことだ。
 が、今の我は、正直に記せば、そうした人たちにお付き合いできる時間と精神的余裕はなく、皆さん我などよりはるかにテクニックも達者で感心はしたけれど、我の関心を引く人は少なかった。むろん旧知のシンガーも来られていたので、再会ありと収穫も多々あったけれど。

 と、何でこんなことを書いたかというと、人がどこかへ出向くとき、行くときは、常に何か目的がある。その「目的」というのは、つまるところ「求めているもの」があるからであろう。
 無目的に、脚の向くまま木の向くまま、という行為をとる人もいるかもしれないが、この忙しい現代、しかもコロナ禍の「不要不急」の外出はひかえるようお達しが出てる世相では、そんなお気楽は許されない。
 今回、我はそのライブハウスへ行って帰って来て気がついたのは、自分が求めているものは、そこにはなかった、ということだ。
 それは無駄、無意味だという意味ではない。行けたことは良かったし、大いに得るものや考えさせられることなど多々収穫はあった。
 ただ、「求めているもの」は残念ながらあまりなかった、ということだ。
 それは、何かというと、我の聴きたいうたは、そこにあるか、ということに尽きる。

 ならば、我が手掛ける、企画する場はどうか、と問われよう。
 はっきり答えると、間違いなく、それは明日、そこにある、と断言する。

 自分が今、聴きたいと願い、聴くべきと信ずるうたが府下、かけこみ亭には間違いなくなくある。そう信じられるシンガーたちを集めた。
 それが嘘か真実か、ともかく来られてその目でその桃で確かめてほしい。
 今、気がついた。ようするに我は自分がそのときどき、自ら求めている、聴きたいうたと、唄い手をこの「共謀コンサート」で、表現として企画開催しているのだと。
 そう、実は誰よりも明日が楽しみになって来た。