近況を記す と2024年03月26日 11時31分01秒

★今すぐ死ねない、まだ死なないならば

 毎年のことだが、春は雨もよいの日が多く、降らずとも曇天が続く。
 このところ数日おきに雨の日が続くが、降っても春の雨だから傘が要らない程度の弱く短い時間のことも多い。
 が、今日は、昨夜から久々に本格的に音立てるほどの強い雨が降っている。予報では、このまま終日、夜半過ぎまで降り続くとのことだ。暖房もないから当然寒い。冷え込んでいる。
 外仕事は雨では何もできないので、溜まりに溜まった紙類の片づけ・整理分別処分など、足の踏み場のない室内の掃除・片づけを少しでも進めていくしかないのだが、今日は久々に腰据えてパソコンに向き合い当ブログを書き進めていくことにする。
 またまた更新がずっと滞っていた。ご心配おかけして申し訳ない。

 理由はともかく体調が悪く、心身ともに不調で、書けたとしても毎度の愚痴のような訴えにしかならないからだ。
 そんなものは誰も読みたくないし、心ある人には嗤う以前にご心配かけるだけだろう。ならば、書きたい気持ちはあっても書くべきではないではないか。

 自分でもいったいどうなってしまったのか、どうしたら良いのかと思うけれど、ウツウツとした気持ちと右腕全体の痛みと痺れがまた再発して酷く何一つきちんとできずに時間あれば横になってばかりいる。
 世の人から見れば、たんなる怠け者、頭がおかしくなってると思われるだろう。もうどこにも行かないし誰とも会わないし誰からも連絡はない。

 届くメールは、我は持ってもいないカードや口座などに不正利用があったので、確認の返信をしろという詐欺メールばかりだし、かかってくる電話は、給湯器の点検にこの地域を回っているから伺いたいというこれまた詐欺商法のアクセスだ。
 まっとうな電話は、先日、不動産会社からの、お宅の持ってる空家を借りたい、売ってほしいという方がいると言うので、訊けば、我がいま住むこの家のことであった。
 世間ではこの荒れ果てたゴミ屋敷の庭先を見て、この家はヒトが住んでいないと判断するのだろう。
 そう思われても仕方ないが、売れば多額の金は入ってきたとしても行先もないし、だいいち全てあるものを処分することなんか我が生きている限りできそうにない。右から左にそれが出来ていたらこんな悲惨かつ最悪の状況にならなかったのだ。

 我が今乗っている車もまた同じことで、庭先で作業していたらば先日は浅黒いアジア系外国人が来て、このクルマ、使ってないなら売ってクダサイと言われた。
 確かに、雨のたびに濡れてはならない庭先に出ているものなどを車内に満載しているから、荷物でいっぱいのボロ車を見ればフツーは、もう廃車状態だと判断するのであろう。何度もそうした買取のチラシがワイパーなどによく挟まっている。
 が、こんな車でもないことには山梨の倉庫には行けないし、猫たちを動物病院に連れて行くことも難しくなる。何より荷物運ぶのに自転車だけでは限界がある。移動の手段として、クルマはガソリン代も含めて今はやたら金がかかるけれど、ないと本当に困るので売るわけにはいかないのだ。

 先日は、そこに市役所から介護保険の担当の男が来て、ずっと未納になっている介護保険代を支払えと言ってきた。このままだと利用するときに制限が出るとも。
 しかし、払いたくても今は、一円も収入がないのだから払えないと正直に伝えたら、ともかく少しづつでも払ってください、と言い残して帰って行った。
 「外」の世界からのこと、世間とは今の自分にとってそれだけのもので、届く郵便は諸税金類の督促状だけだし、友人知人からの楽しい便りなど全く途絶えた。
 ご近所付き合いもないから、都会に住んでても世捨て人のようなもので、今は唯一ごく親しい知人がウチの片づけなどに来てくれたときに会うだけで、あとは猫や犬など動物相手だから誰とも話すこともない。

 以前はそうした中でも心の内を日々拙ブログに書き記し鬱気分を散らすこともできたが、それも近隣からの悪意ある嫌がらせにより控えるしかなく、ますます鬱は悪化傾向にある。
 日中も昼寝しているからか、夜も早く眠くなっても真夜中に尿意などで起きてしまうとそれからしばらく眠れずにそれがまたツライ。
 うんと昔の学生時代の仲間とのことや、もう死んでしまった人たちのことがあれこれ次々思い出されて何時間も眠れず、そのうち外も明るくなってくる。
 夏だったら早暁でも散歩に出たり、外で何かできるのだけれど、まだ今はとても寒くて起き出せずに、布団の中で枕元の文庫やスマホを繰ったりしてもうひと眠りするまで苦労する。
 そして思うのは、こうしてこんな風にしか生きられないまま、なし崩し的に死んでいくのかな、と。
 何一つきちんと為し終えずに。時間だけは無常に過ぎて浦島太郎のように気がつけば齢だけとって老いさらばえた。
 最愛の親たちも逝き、我には妻も子孫もないのだから、何故にこの地獄のような状況を一人生きて行かねばならない?
 自らが蒔いた種だとしても刈り取らねばならない義務はあるのだろうか。

 だが、それでも目覚めてまた一日が始まり、腹をすかせ騒ぐ猫たちにご飯あげて思うのは、彼らがいる限りまだ死ぬわけにはいかないし、動物の世話という義務があるからこそまだ我は生きているのだと。
 そしてまたこんな人間にも支援してくれ時に助けてくれた奇特な友人知人が少なからずいることを思うとき、彼らの愛、恩義に報いることなくして死んではならないと気づく。
 そう、まだ今すぐに死ねない、まだ我に時間が少しでも残されているのならば、死ぬまでの間に、今在るものすべてにきちんと向き合いこれまでに我が受けた「愛」を感謝と共に少しでも少しづつでも返していくことだけだろう。
 嫌でも終わりの時は来る。それまでもう少しだけ頑張らねばと思う。

 どうしようもない人生だからこそ、どうにかしないとならない。それは、この社会、世界だって同じことで、どうしようもないからといって「そのまま」にしていては、その悪しきこと、状態は永遠に続いていく。
 どうにかできる、できないかではなく、やっていくしかない。誰の人生でも生きて行くとは、そうしたものではないのか。
 どうにかしていく。誰よりもどうしようもない人生だからこそ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://masdart.asablo.jp/blog/2024/03/26/9670684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。