新しい月、新たな季節が始まった2020年09月01日 08時27分30秒

★苦難の八月を終えて

 9月に入った。今朝は朝から小雨まじりの曇り空で北西からの風が吹き涼しい。久々にクーラーなどいれずに窓開けて眠れた。

 それにしてもこの夏は、といっても八月の一か月間だけのことだが、ともかく暑かった。新聞によると東日本では戦後最高の暑さだったとのことで、雨もほとんど降らず、まさに灼熱の八月となった。
 その前の七月は、ずっと雨ばかり降り続き、うすら寒く日照時間もほとんどなかったのに、八月に入ったとたん一転して連日晴れて記録的な猛暑が続いたのだ。
 何もかもが記録的というか記録破りで、極端から極端へと全く予測もつかない耐え難い今年2020年の夏だったわけだが、何とか我も父も無事に家内安泰でやり過ごせたのだから今ほっと胸を撫で下ろしている。
 冷房は、ある部屋は全部終日付けっぱなしで、何とか家中の温度を下げてこの猛暑を乗り切ったわけだが、電気代はものすごいがそれも命あってのことだから了とするしかない。
 我は極端な汗かきだから冷房を強くしても室内ではほぼ裸で過ごさないと暑くてたまらない体質だ。
 それだからこそか何度か出先で、猛暑に当たって体調を崩し軽い熱射病になったのか、汗とメマイと頭痛に襲われ危険な状態にもなった。

 しかもそこに父の不穏・妄動や、我の持病の腰痛と足定筋膜炎も再発し、部屋の中は冷え切っているのに、外は記録的猛暑の高音だとその寒暖差でアレルギーも出て、鼻水と咳も止まらず体調的にもかなりしんどく辛い一か月だった。よくまあ乗り切れたと今しみじみ思わざる、である。
 が、ともかくようやく猛暑も収まり新たな月の始まりにまさに気持ち新たに今パソコンに向かっている。
 さあ、今年もあと残り四カ月である。季節は秋から冬へと、この先どうなるかまったく予想も予測もつかないが、今気持ちは高揚している。

 八月は耐え難い猛暑から、パソコンを起動させるのも怖く作業自体も停滞してブログすら遅延し続けてしまったが、先日の「共謀コンサート」を終えて、我の「コロナ鬱」も回復した気がしている。まさに、長いトンネルから抜け出たような思いだ。そう、長かった最悪最凶の安倍政治もともかく終わる。
 闇の中から抜け出て、その新たな風景の先に何があるのか。今は不安よりも期待の気持ちが強い。むろん政治的には、商家で言うところの主人が倒れて番頭が店を任されたようなもので、菅新首相となったとしても何一つ変わり映えはしないだろうが。そこに何も期待はできないし、何か変わる、良くなる要素は一つもない。

 しかし、季節もだが、一つの時期、時代が終わり、新たな段階、新たなステージに入ることはそれ自体が良いことだから、その「とき」を活かしてこれまでできなかったことをやっていくしかない。
 繰り返しになるが、自分に言い聞かせているのは、どんなときでもできるときに、できることを、できるだけやっていく、ということであり、何であれ後回しや放擲せずに、やらねばならないことは先へ先へと少しでも進めていくことだ。こんな我でもまだできることがきっとあるしすべきことがある。

我が全責を負う「月刊・共謀コンサート」も残すはあと四回。このコロナ状況下、元通りのフリーな誰でも自由参加の姿に戻ることはまだまだ難しく先は見えないが、それでも現段階で、何をどうやっていくかの「道筋」は見えてきた。
 思い通りにならないとしても、「その中」で、できることやすべきことはまだまだいっぱいある。支援者からのカンパもあって運営資金の目途も立ってきたし、もう何も怖れも不安もないし頭悩ますことは今は消えた。何より、誰かの期待に応えたいと今強く思う。同時に責任もひしひしと感じている。

 まだまだできる、がんばりたいと思う。拙を守る、という言葉があるが、我は我の非力さとダメさにおいて、だからこそもっともっと頑張らねばならない。
 神に祈る。が、どうか皆さん、もう少しお力を貸してください。

 道はまだ続くし、とても一人では辛くて進めない。荷はそれぞれが負うからこそ、共に同行者のいることが心強く有難い。
 さあ、新しい季節、新しい世界に向かって歩を進めていこう。

安倍首相の辞意表明に思う2020年08月28日 19時08分29秒

★手放しでは喜べない
 
 このところ彼はずっと顔色も悪く、国会も開かないどころか記者会見もほとんどせずに、姿を消して官邸にひたすら引きこもっていたから、これはかなり体調悪いのだろうと我でなくとも皆が体調を案じていたかと思う。
 さらに追い打ちをかけるように検査がどうのこうの、という報道も流れて、今回の辞任表明会見についに至ったという流れである。
 積年の持病、病気のことだから、とやかく批判もできないしまさに同情や憐れみはしてもざまあみろ、とか天罰だとか言うのは絶対に口にしてはならないことだ。
 よって彼の退陣を長年待ち望んできた者として、ついに安倍歴代最悪最長政権に終わりが来たのは大いに歓迎すべきことだが、何ともスッキリしない複雑な思いでいる。
 毎度の政権投げ出し、おいら一抜けたという顛末となったと言えなくもない。が、それもこれも病気と病人であることを思うとき、こういう結末が来たのかとただただ予想外という驚きしかない。まあ、可能性として想定しなくもなかったが。

 そして近いうちに次の首相が自民党の中から決まる。そしてその新首相の元でまさに国民の信を問う衆院選が行われる。
 今の我は、そのことを考えると何とも暗澹たる、憂鬱な気分に襲われてしまう。はっきり言って、自公政権に代わる希望が現時点では野党に見られないからだ。
 今回の辞意表明、ある意味敵失であり、チャンスと言えなくもない。が、今の民主党を中心とした野党が政権奪還できるとは思えないしその政権に希望や期待が抱けるか、だ。
 はっきり言う。政治に希望が持てない。次なる自公に代わる新政権、その姿が思い描けない。

 これまで我らリベラルの唯一の希望の星、山本太郎は、先の都知事選で愚かにも自壊失速、その存在意義と価値を失ってしまった。
 我は共産党支持者だったが、このところの党の迷走ぶりには冷ややかに見ている。維新というヨタモノ地域政党を復活させてしまったのは、はっきり言って大阪での共産党の自民と手を組むなどという大きな政治的過ちがあったからだと断ずる。党はその自己批判をしたのか。
 ならばいったい誰に政治を託せば良いのであろうか。
 下手すれば、安倍自民党政治の刷新をうたって石破氏が、先の小泉元首相のように「忖度と私物化の安倍政治をぶち壊す」として大勝するのではないか。その政権に希望はあるか。野党はそれよりマシだと断言、証明できるか。

 今の民主党中心の国民との合流など野党再編劇を見るかぎり、もし政権を彼らがとったとしてもまた先の民主党政権の二の舞になることは今からやすやすと想像がつく。原発政策、消費税についてもきちんとしたスタンスは示せないのだから。またまた迷走政治が始まる。
 労組などの支援母体の思惑で動く政治家にはけっきょく利権が絡みつく。我は思う。真に金とは関係のなく、貧しい庶民や弱者、マイノリティに真剣に向き合い彼らの声に真摯に耳を傾ける政治は不可能なのか。それは夢物語か。政治家とは常にマキャベリストであって、清濁併せ飲まないとやっていけないのだろうか。

 このコロナ禍最中での突然の辞意表明。晋三さん長い間お疲れさま、ご苦労さん、と言いたい。が、あんたとあんたの政権がやったことは死ぬまで忘れない。そして絶対に許さない。憲法をひたすら無視して政権を私物化した男として後世も特筆されるだろう。
 今まで彼には運がずいぶん味方した。本来はとうに石もて追われる身だった。が、常にうまく立ち回り次々解散をしかけ、野党のふがいなさもあって選挙では毎回勝利し長い間命を保ってきた。が、とうとうついに命運尽きたのだ。
 我らはこの突然の「終わり」を良き「始まり」にできるか、だ。そのときが来たのだ。

世界はまた新たに変わる~「その時」に備えていけ2020年08月24日 11時54分10秒

★2020年コロナの夏、灼熱の猛暑と不穏・妄動の父と

 ようやく季節が動き出した。処暑の23日、日曜から曇りがちとなり北よりの風が吹いて気温も少しだけ下がって来た。
 今日、24日の月曜。晴れると日中はまだまだ暑いが、先週までのような35度を超す、耐え難い灼熱の暑さは去ったようだ。
 ようやく季節は秋へと動き出し、久しぶりにこのブログを記す。

 何か一段落したとか、片づいたので時間ができたからというわけではない。9日の国立でのイベントが終わってから、ともかく暑さと家事雑事に追われ日々何とか乗り切るだけで青息吐息、精いっぱいだった。普段使いのパソコンの調子も悪く、正直ブログも書く気がしなかった。
 書けばまた「近況」として愚痴めいたこと、読み手に取って意味のないことしか書けない状況だった。

 そしてこの間必死に、溜まりに溜まった古本を一冊ごと新パソコンでAmazonでの価格を検索、売値として600円以上の価格がつく本は、即マーケットプレイスで「出品」し、それ以下の値しかつかないもの、つまりウチで売れない本はともかくサイズごとに処分用の箱に詰めていった。
 そうした不要本、処分廃棄する本の箱が今現在10数箱できた。これらの本はもう一度最終的にほんとうに捨てるか個別に確認してから市の紙ゴミ回収の日に出す。たぶん九割がた破棄すると思う。

 お気楽トンボの我もこのところさすがに焦って来た。このままだと何もできないうち、何一つきちんと完成できないうちに、終わりのとき、破滅のときを迎えるのではないかという怖れを強く感じる。
 何であれモノ好きで、モノは捨てずにただひたすら溜め込んできた。食べ物から本、レコード、楽器類、オーディオまで、自分の関心と欲望のおもむくまま、そうしたものを集めてきた。いや、モノは向うからもやってきた。
 
 かの、みうらじゅん氏のようにそれらをきちんと管理保存、分別整理していければそれはガラクタであろうとも意味と価値を持つ。が、我はただ集めては、いや集まって来たものは、そのままほったらかしにして管理なんて一切できなかった。だらしなさの極致、性格異常というべきか、それはたぶん病的なものなんだとも思える。
 亡き母も片付けられない症候群だったし、そういう性質の者は、本来モノなど増やしてはいけなかった。が、我はかなり広い家があり、部屋数も多かったから、空間さえあればそこにモノをともかく詰め込んできた。
 何とかしないと、今度時間が出来たら、暇ができたらと今度こそ腰据えて、と常に思う。が、そんなときはいつまでも来ない。常に日々の雑事に追われ、日々成すべく目先のことだけ処理するのが手いっぱいで、その溜まりに溜まったモノの山に手をつけることはできなかった。
 いや、少しづつは片付けてはいる。が、牛小屋の掃除と同じく、生きていれば、日々また新たに本にせよ何であれモノはまたさらに増え続ける。結局のところ、処理する量よりもさらにまた増加する量が上回り、山梨の倉庫さえもとうとうほぼ満杯になってきてしまった。
 単に移動させているだけでは片づけたことにはならない。総量はちっとも減りはしない。時間の無駄である。
 さて、どうするか。

 以前の愚かな我ならば、また新たにどこかに倉庫など借りてそこに溜まった、入りきらない物を押し込んだかもしれない。が、さすがに気がついた。それでは何も解決しない。そして確かなことは我の時間はもう残り少なく、このままではその溜めたモノの山塊を残して近く死んでしまうかもしれないではないか。
 近親は、九州の妹とその息子の甥っ子だけだから、おそらく彼らは、我の死後この家を売り払い、その金で業者に一切合切ゴミ屋敷の遺品処理を丸投げし我の集めたモノはすべてゴミとして処分されて雲散霧消するだろう。
 つまり我は、生涯かけて良いモノも悪いモノも、価値あるものもないものもともかく膨大に集め続けて、溜めに溜めてそれだけで死んでしまった人ということになる。それで良いのか。そこに意味があるか。そんな人生に価値があるか。

 このコロナ禍の、行動自粛期間中に、多くの人たちが家庭待機を余儀なくされ、様々なことを考えさせられた。新しい生活様式以前に、ともかくコロナが終息しない限り、当面は、かつての生活、生き方に戻ることは望むべくもない。
 我は基本居職で、コロナ流行に関係なく基本的にかねてより「引きこもり」生活をしていたから、今さら「新様式」も関係ないのだが、それでもやはり「これから」について考えさせられた。
 今我は、60代半ばになろうとしているわけだが、それでも身体はあちこち疲弊し、腰痛やふらつきは慢性化し先のコトを思うと本当に不安になる。
 周りには、御大中川五郎氏を筆頭に、70代に入っても超元気な人たちがいっぱいるが、我も70代に入ったとき彼らのように元気に動きまわれる自信はまったくない。
 思えば彼らは60代のときから元気であったからそのまま今も元気なのだと気づく。今、じっい体調不良の我が、70代で元気になるはずは絶対ない。下手するとこのままなし崩し的にあと数年で死んでしまう可能性のほうが高い。

 ノンキ、能天気にお気楽に生きて先のことはあえて考えないようにしてきた我でもさすがに考えた。このままでは本当に大変なことになる。ともかくモノをなくしていくしかない。一切もう新たに増やさないとか、断捨離などできるはずもない。だからこそ、いまあるモノを無くしていく。減らしていく、その努力を実際にしていく。

 私事だが、この八月は自分の誕生日があり、九月には母の命日、そして10月には父の誕生日がある。父は何とそれで96歳になる。
 そんな超高齢な人と共に暮らした経験はおそらく誰もないだろう。そしてそんな老人を介護する大変さはまさに辛酸佳境に入るとしか言いようがない。下の世話のことなど書きだせばキリがないが、読み手にとってそれはちっとも楽しいことでもほほえましくもない。※先日も夏バテ防止に高いうな重を買ってきて食べさせたら何故か食欲もなく、無理強いしてたらほぼ全部吐き戻してしまった。
 さらに先週は、そこに「不穏」が起こった。このところの暑さもあって涼しい部屋で昼寝ばかりさせていたからだが、眠りが浅く深夜、明け方に起きて騒ぐことが続き鍵かけた引き戸を外して玄関すら開け放すひと騒動あった。

 我が午前3時に目が覚めて、階下の父の部屋を見たらば明かりが煌々とついて部屋も玄関も開け放たれている。すわっ、また父が外へ徘徊してしまったかと慌てたが、父は幸いベッドの中に眠っていた。
 叩き起こして叱りつけても当人は何一つ覚えてもいないし、まさに無意識でそうした「妄動」をしてしまう。いくら言い含め叱りつけても効果はない。
 ただそのときの問題は、父の部屋で室内飼いしていた三本脚の障害者猫が、開いた玄関から外に逃げだしてしまい、確保するのに一苦労したことだ。足切断という大事故の治療費が総額50万もかかった猫で、まだ未払い額が18万円ほど残っている。ここで失踪してはほんとうに困る。せめて借金終えてからにしてくれ。
 幸い真夜中に名前を呼んで探し廻っていたら、猫は自ら帰宅してくれたから安堵したが、まさに父が在宅のときは気を緩めてはならないのだと改めて気を引き締めた。
 我は眠りが浅く、寝ていても下の物音に耳を澄ませているのだが、そのときは、あまりの暑さに枕元に小型扇風機をかけっぱなしにしていて、その音で下で父が起きて騒いでいたことに気がつかなかったのだ。

 そんな父を即介護施設に永久入所させたらという進言をよく頂く。そうできたら我も枕高くして眠れると思うが、いずれにせよもはや先は長くないのである。この夏は何とか越せたとは思うが、来年の夏などまったく見当もつかない。
 何とかこの秋を無事に過ごして来年の正月が迎えられたら最良だと思うぐらいで、現在のように週の大部分を通いとショートで介護施設に行ってくれたら今のままで良いのだと我は考えている。
 嫌でも終わりの時は早晩やって来る。父が帰って来て在宅の日は何一つ自分のことはできやしないが、それも週二日程度のことなのだから、その日、そのときまで今のペースでやっていくつもりだ。それは明日かもしれない。

 先日のぼけまるの「生前葬」で強く思ったが、ともかく全ては生きている間のことなのだ。
 人はいつか必ず死ぬ。死んでからできることなんて何一つない。ともかく今、父が生きているうち、我もまだこうして生きて動ける間に、少しでも溜まったものを片づけ、減らしてなくしていく。
 死ぬまでにしたいいくつかのこと云々、という題名の本や映画があったと思うが、「したいこと」よりもともかく生きている間に、なすべきことを一つでもやっていく。減らしていく、片づけていく。

 コロナの時代も永遠には続かない。次の新たな時代、新しい世界へ備えていこう。

猛暑と雷でパソコンが使えない!!2020年08月14日 15時22分48秒

★誠に申し訳ありません

 今年の夏、7月は毎日雨もよいのうすら寒い日が続き、日照不足でいったい夏らしい夏は来るのだろうかと心配したが、月が替わり8月になったとたん夏らしい陽射しが戻って暑くなった。
 そして一週間が過ぎたこのところ、暑さはさらに高まり、連日全国的に35度を超す苛烈な猛暑となって、東京では今日で四日連続の「猛暑日」となっている。
 一昨日などは、ひたすら家にこもって冷房効かせていたのだが、午後軒下の温度計を見たら限りなく40度に近かった。目を疑った。夜になっても外は体温より高い熱風、夏を待ち焦がれた者でもさすがに耐え難い暑さである。

 皆さまお変わりはないでしょうか。
 ぼけまるの生前葬イベントの報告をし始めた途端中断してしまい申し訳ない次第でおります。というのはパソコンになかなか向き合えない状況が続いているため。

 で、昨日は、午後から雷が鳴り出したとおもったとたん、突然ドーと滝のような強い雨が降り出した。幸いその雨で夜になったらいくぶん水撒き効果で気温は下がったけれど、雷が何度ゴロゴロ鳴り続け、雨も夜まで続いたのでその間はパソコンは電源が入れられない。
 また、拙ブログを書いているのは、冷房のある部屋から離れた狭い作業場であるため、開け放して冷気を招いてもあまり涼しくはならないのと、そんなこんなでパソコンで先のイベントの報告作業も進まない。

 今日父か施設から戻る前に、少しでも作業進めようと考えていたのだけれど、外はまた雷がゴロゴロ鳴り出してきて、曇って来た。
 何が怖いって雷が落ちることで、ウチは狭い庭に高木があるため、10年ぐらい前に一度直撃を受けた経歴がある。幸いそのときはパソコンには直の被害はなかったが、今はいくつものパソコンや電気機器がその頃より多く繋がっているので、雷が鳴り出したとたん、電源を切るようにしている。むろん何とかサージという雷除けのコンセントも使っているけど、その効果も疑問だしそんな雷が頭上で激しく鳴り続ける最中、パソコンに向き合えるほど我は心が強くない。

 というわけで父がまた施設から帰って来て土曜日の朝また送り出すまで家にいる。そんなで上手く合間みつけて作業進めていくつもりだけれど、本格的再開はもう少しお待ちください。ごめんなさい。

 皆さまもこの猛暑とコロナ、ご自愛ください。

ぼけまる生前葬を画像で・152020年08月14日 09時58分46秒

★亡者再登場

ぼけまる生前葬を画像で・132020年08月13日 09時55分11秒

★ゲスト

ぼけまる生前葬を画像で・122020年08月13日 09時50分07秒

★ゲスト

ぼけまる生前葬を画像で・102020年08月13日 09時26分30秒

★またまたネズミたち登場~小池百合子化した婆さんネズミ

ぼけまる生前葬を画像で・32020年08月10日 06時31分07秒

★まずは本人を代表して1曲

ぼけまる生前葬を画像で・22020年08月10日 06時24分12秒

★司会役の館野公一と遺影の巨大画