画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・⑥2019年05月13日 23時39分03秒

★弱つよむ 二回目のステージは、女性陣と初「共謀」す

 この人は本当に実力者だと常にいつも感嘆させられる。「お笑い」系のうたとは、プロアマ問わず、まずそもそもきちんとしたテクニックがないことには誰でもできるものではない。
 しっかりした実力がまずあってこそ、バカバカしいことがきちんとカタチにでき、そこで笑いが生まれる。生半可な力や才能ではとてもできることではない。
 そんなテクニシャン、実力派の人が何故かナンセンスとか言いようがない不思議なうた、バカバカしいうたを次々と歌いまくるのである。最初、藤しんいちろうがコタンで演ったとき、彼も観て、目が点になりそしてすごく気に入った。こんなバカバカしいこと、考えてもしょうがないことを大真面目で歌にして唄っている人がいる。素晴らしいではないか。今風の言葉でいえば、我のツボにはまったということだ。そしてその歌もじつにメロディアスで自然に耳になじむ。
 
何でこんな素晴らしい異能の方が、あまり相応しいとは思えない場(失礼‼)コタンに出てるのか訝しく思い、ぜひもっと多くの方々に知ってもらえたらと考えて、先に「共謀」番外編を企画し、「笑えるうた」のときお招きした。そして期待通りの大爆笑のステージとなった。
 何がすごいって丁丁発止やりとりで、常にどんな悪条件でもきっちり対応して場を〆てくれることだ。期待を外さない。この方は真のプロである。ぜひまたこれからも「共謀」したいとこちらから頭下げる思いでいる。ぜひまたかけこみ界隈で弱つよむのオンステージ企画したいと願っている。

画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・⑤2019年05月11日 19時48分46秒

★そして飛び入り参加の「みほこん」

 ごく短いショートステージとなったが、三線の楠瀬咲琴と名曲「波のてぃだ」を。観客に強い印象を残した。
 当初参加予定はなかった我らがみほこんが前半の終わる頃到着。二部は、ほぼ出ずっぱりで、バイオリンを弾きまわってくれた。彼女の参加で、「共謀」の輪はますます厚みを増した。ご多忙のところ本当に有難い。申し訳ない!!

画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・④2019年05月11日 19時33分40秒

★真の実力者・漂泊のシンガー太田三造!!

 若く見えるが、今回の出演者中、1、2の長いキャリアを持つ、漂泊、つまり流れ者のフォークシンガー太田さんがついにかけこみ亭で本格的に登場した。
 我マスダにとっては、今も昔も常に恩人であり、両国フォークロアセンターでは一度ソロコンサートが企画されたが、かけこみ関係では未だ果たせず、やっとついに短い持ち時間だが今回お招きできた次第だ。そう、昔ながらのスタイルを今に伝える稀有な、何しろなかなかアポ自体がとれない絶滅危惧種の・希少動物的シンガーなのである。

 そして今回は、彼のことを高く評価するみほこんがバイオリンでサポートして、唯一無比の深い心に染み入る歌声を披露してくれた。が・・・やや時間が押して来ていたことなどで、我マスダは非道にも彼の持ち時間をカットしてしまい大変失礼してしまった。後でしっかりみほこんに叱られました。反省反省です。
 この続きは、みほこんとのデュエット企画・東中野のじみへんで、5/19日に二人のコンサートがあるので、ぜひぜひたっぷりご覧頂きたい。必見必聴だと断言する。マス坊も今回のお詫びを兼ねて参加する予定。

 ※画像は小林直樹氏撮影提供。

画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・③2019年05月11日 19時15分35秒

★志万田さをり 二回目のステージ

 今回の「共謀」フォークジャンボリーは、これまでのようにベテラン・プロシンガーは招かずに全出演者同列同持ち時間で開催することで企画し参加者には承諾を得た。
 というのは、知名度・キャリアあるベテランシンガーをお招きすれば当然その人をトリに据えねば失礼になるし、他の出演者は観客にとっては前座ととらえられてしまう。そしてそこに定型の流れができてしまう。

 我は、このコンサートにはそうした格付け的なものは不要だとこのところ考えていたのであえて、今回は、全員同列で公平に、それぞれがトリの気概でとお願いした。ただ、長時間のコンサートでもあり、構成を考えると、持ち時間を二分割して、前後編共に二回出られる方もいてもいいかと考えた。そして事前に希望を募り、さらにはお願いと承諾も得て、二回に分けて出られる方を今回設けた。

 で、志万田さをり、二回目は、さらにノリノリで「共謀」ダンサーズを従えての盛り上がったステージを見せてくれた。みほこんとは初顔合わせではないか。「共謀」コンサートの醍醐味は、こうした初見のジャムセッションである。

画像で振り返る「共謀」フォークジャンボリー後半・②2019年05月11日 18時55分49秒

★後半二番手は、「笑えるダンディ-」藤しんいちろう
 
 相方、パーカションの槇篤の抜群絶妙のサポートを受けて毎度の失笑爆笑のステージを見せてくれた藤しんいちろう。
 このところ精力的にあちこちのライブイベントに、自作の幟り旗「笑えるダンディ」(後方)持参で活躍中だが、そもそもその「リングネーム」、いや、ステージネーム「笑えるダンディ」は我マスダが命名したもの。
 今回は、彼の名曲『迷信伝説』はご披露なく私的には残念であった。次回に期待したい。

画像でふりかえる「共謀」フォークジャンボリー・⑩2019年05月09日 23時17分19秒

★これで、「共謀」フォークジャンボリー前半終了。

 ここまでで、超ロングなコンサートの前半が終わった。早くもまるでライブのフィナーレのような熱く盛り上がったステージが続出した。 
 後半、最後までマスダは体力と気力が保てるか、心配になるほど最良、最高のうたと演奏、そして「共謀」が相次いだ。

画像でふりかえる「共謀」フォークジャンボリー・⑨2019年05月09日 23時10分53秒

★いぶし銀の「カントリージェントルマン」西島寛二。

 一部のラスト、トリを託したのは、我マスダが心から敬愛する西島寛二。その年齢を全く感じさせない堂々たる歌声とギターテクニックに、波子とウッディ―が「共謀」。

画像でふりかえる「共謀」フォークジャンボリー・⑧2019年05月09日 23時04分33秒

★ナンセンスソングの帝王・弱つよむ。

 出演のシンガー・ミュージシャン中いちばんの異能派・弱(よわ)つよむは、「笑えるうた」共謀以来二度目の登場。爆笑の渦を巻き起こした。

画像でふりかえる「共謀」フォークジャンボリー・⑥2019年05月09日 22時56分08秒

★「共謀」コンサートの立役者・館野公一

 ベテラン・太田三造(左)との実力者二人による渋い「共謀」シーン

画像でふりかえる「共謀」フォークジャンボリー・④2019年05月09日 21時56分14秒

★早くも各ミュージシャンたちがそれぞれ「共謀」し始める

 槇篤に加えて、ベースのソーブラ・アサダ、広瀬波子、そして志万田さをり。